予防歯科

診療案内

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 口腔外科
  • 入れ歯・義歯
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
〒 140-0003
東京都品川区八潮5-6
品川八潮パークタウン潮路南
第一ハイツ37号棟104号室
TEL:
03-3790-4505

予防歯科

虫歯予防の基本は歯磨きで、虫歯の原因となる歯垢を十分に 取り除く歯磨きをする事が虫歯予防法として重要です。

色々な歯磨きの方法が指導されていますが、1日1回でも良いので確実に磨くことで効果はあがります。

また予防歯科は、虫歯や歯周病などの予防だけが
目的と考えられがちですが、単に虫歯や歯が疾患しないように
するというだけでなく、病気の進行に応じた処置も含め
口腔内全体の健康を増進するといった目的もあります。

歯磨きのポイントとして

歯垢がつきやすく磨きにくい奥歯等を意識し
丁寧にジックリと磨くことが予防に繋がります。
また歯と歯茎の境目も重要な歯磨きのポイントで
この部分はくぼみになっており、非常に汚れがたまりやすい箇所です。

歯ブラシでは磨けない部分は、歯間ブラシ・デンタルフロス・部分磨き用歯ブラシなどの
補助器具を使用した虫歯予防をお勧めしております。

定期検診

ご自宅での歯磨き以外に年に2回程の定期的な検診をお勧めします。普段気付かない口内の検診を行う事で虫歯等の早期発見につながります。

定期検診では以下の項目を確認いたします。

歯周病について

現在、日本人の成人の80%が歯周病と言われております。歯周病とは、歯茎・歯を支える骨などの組織が、歯周病菌に感染し炎症をおこす感染症のことで、歯肉の炎症による出血・腫れが起きる歯肉炎と、歯を支えている歯槽骨が破壊される歯周炎に大別されます。

一般的によく言われている歯槽膿漏は成人性歯周炎のことで、
歯周病はその症状・病態によって複数の種類があります。

歯周病は、歯の表面につくプラークが原因で起こる病気です。
長く放置をすると、口臭や歯茎の腫れ・心内膜炎・肺炎、
妊婦の方では早産や低体重児が生まれてしまったり、
動脈硬化や糖尿病を引き起こしたりと、
歯周病の影響は全身へと大きく広がってしまう危険性があります。

また歯周病の危険因子には肥満と喫煙があり、
歯周病になるリスクが肥満では3〜8倍、喫煙では2〜4倍になると言われています。

「家族に歯周病で歯を抜いた人がいる方」
「最近おなかが出てきた方やたばこを吸う方」
「ここ数年、歯科医院で歯のクリーニングをしていなく、歯磨きが十分でない方」
「歯磨きをすると歯茎から血が出る方」
「歯がグラグラする方」
「口臭がひどい方」
「歯茎が腫れている方」
「糖尿病の方」

上記に該当する方は歯周病の危険度が高いため、歯科医師の診察を受けた方が良いと考えます。
不安な方も一度、相談も兼ね検診に行く事をお勧めいたします。